So-net無料ブログ作成
検索選択

畠中恵著の明治のあやかし本 [本]

この前読んでた本、芥川賞作家の小山田浩子さんの工場ですが
読んでる途中で貸し出し期限が過ぎてしまい、途中で返却したので
最後まで読めていません。
合ってなかったのか、なかなか本に入り込めなかったというのも
期限内に読めなかったことのひとつです。

そして、そのあと予約してた本、畠中恵さんの「明治・妖モダン」です。
畠中さんと言えば、あやかし
代表作の「しゃばけ」シリーズは実家の母がそろえてるので、
ほとんど読んでます。
若だんなと妖怪たちの奇妙な日常がほのぼのとさせてくれます。

明治妖モダンも、舞台が明治にかわっただけで、ユーモアある個性的なあやかしたちとの
交流のようなお話かな?と思ってたらちょっと趣向がちがっていました。

でも、最後まで読んですっきりしない。もっといろいろ秘密があるだろうに
これで終わってしまうの?これからどうなるの?なぜこうなったの?
と気になることいっぱいです。

たぶん、これはシリーズ化されるんでは?
そうしないと明治妖モダンを読んだ人の多くは納得しないと思う。

巡査の滝さんのファンになってしまいました!


明治・妖モダン





nice!(1) 
共通テーマ:

nice! 1

成行注文